背パイプがぽっきり(何度めやら)

051024_1234~01.jpg またもや背パイプがぽっきりといってしまったバスケ車。前回とは違う場所でいってしまった。元々1点選手のバスケ車を強引に座を高くして5点選手が使ってる代物。かなりフレームに無理がかかってるんでしょう。

もはやただ溶接しただけじゃもう限界かと思われますが、さてどうしたものやら。三角形の形になるように補強のパイプを追加するか、背パイプの中にもうひとつパイプを入れるか。でも補強したそのすぐ近辺、補強の無いところでぽっきりいっちゃうだろうしなあ。
車軸を後方に移して重心が後ろにいかないようにしてするか。調節可能なところを全部溶接で固定してフレーム全体をしっかりさせるか。もう一台の同メーカーの壊れたバスケ車からまともなパーツを持ってきて合わせて1台にするか。

自分の体にあった新車を買うか(金が無いのでこれが一番ありえない・・・)。
関連記事
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事