脳の思考でハイテク機器を制御する

『この機器はマッチ棒程度の大きさで、脳近くの血管内に埋め込む』というのがちょっと怖い気もするけど期待したい。


似たような事は日本でも行われるけど、こちらは脳波を計測する機器を装着という形。

脳波で車椅子を動かす。



Oddly Enough | 2016年 02月 24日 14:16 JST
義肢や車椅子を思考で制御、豪科学者がハイテク機器を人体実験へ

シドニー 23日 ロイター] - オーストラリアの科学者らは来年、脳から出される信号を捉えて伝達することができるハイテク機器の人体実験を行う予定だ。うまくいけば、思考で制御可能な義肢や車椅子、コンピューターが10年以内に実現する可能性があるという。

「ステントロード」と呼ばれるこの機器はマッチ棒程度の大きさで、脳近くの血管内に埋め込む。動物実験は既に実施されている。脳からのニューロン(神経細胞)信号を捉えて電気的なコマンドに転換することによって、まひ患者が自ら義肢や車椅子を操作できるようになることが期待される。

http://jp.reuters.com/article/stentrode-idJPKCN0VX0C7


関連記事
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事