さい帯血で脳性まひの治療へ

なんとかうまくいってほしいもの。


脳性まひ さい帯血で治療…高知大が臨床研究へ

 高知大は29日、早産などで脳性まひになった子どもに、出産時にへその緒から採った自分のさい帯血の一部を輸血し、運動機能の回復を目指す臨床研究を来春に始める、と発表した。

 国内では初めてで、既に実施している米国の大学では効果が表れており、脳性まひの治療法確立が期待される。

 脳性まひは出生前後に脳が何らかの原因で損傷を受け、手足にまひなどが残る。発症率は0・2%程度。根本的な治療法がなく、リハビリが中心となっている。

 さい帯血はへその緒や胎盤の血液で、体の様々な細胞に分化する幹細胞が含まれている。米・デューク大が2005年、脳性まひの子らへの治療に応用を始め、症状が大幅に改善した例もあるという。幹細胞が分化して、脳の組織を修復すると考えられている。

 高知大は、母体内で脳の障害が確認され、早産の恐れがある子どもを対象にする。母親の同意を得て、出産時にさい帯血を採取して凍結保存。脳性まひと診断された場合、幹細胞を取り出して点滴注射する。

 計画は今月、厚生労働省が承認。同大学は5年で10例の実施を目指す。前田長正准教授(産科婦人科)は「効果が証明できれば、パーキンソン病や筋ジストロフィーなど難病への応用も広がる」と話している。

(2011年11月30日 読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=50972

関連記事
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事