高齢者・障碍者が車いすからベッドへ移乗・移動する動作の支援機器

東京大学、北海道立総合研究機構(旧北海道立工業試験場)、プラウシップの共同開発。


そういえばいつのまに北海道立工業試験場は名前変わってたんだね。



東大、高齢者・障碍者が車いすからベッドへ移乗・移動する動作の支援機器を共同開発

「高齢者、障碍者の移乗・移動動作支援機器の開発」


1.発表者:
 田中敏明(東京大学先端科学技術研究センター 人間情報工学分野 特任教授)


2.発表概要:
 在宅、施設等で車いすからベッドへの移動時の患者・障碍者の移動能力維持向上と介護負担軽減のための機器を企業との共同研究で試作開発した。

(中略)

<研究開発の目的と成果>
 本開発では、標準型車いすでの座位移乗を簡易に実現するため、小型スツールとトランスファボードを組み合わせた「トランスファ・スツール」を試作開発した。本機器は、介護現場の負担軽減を図り、使いやすさや可搬性を優先した、要介護者にとっても安心感のある座位移乗の実現を目指すものである。つまり、車いす使用者が自らの残存能力を活用し、かつ、介助・介護者の負担を軽減することを目指した機器開発研究である。

 本スツールは、イス型フレームの上部にトランスファボードを結合した構造を有する。従来のトランスファボードを標準型車いすで適用すると板が大きくたわみ傾き、安全な移乗は非常に困難であったが、本スツールでは下部フレームによりボードを支持し、標準型車いす利用者でも安定した座位移乗が可能となる。また、シンプルな構造で小型軽量とすることで可搬性を高め、施設同フロアのステーションや近くの居室からの頻繁な運搬にも対応できる(図参照)。

(後略)

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=294561&lindID=4

関連記事
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
設置スペースの問題もあるしなんとも言えないところはあるけど、一般トイレ利用可能な人はそちらへ。 としか言いようがないな。 「多目的トイレ」使用諦めた経験74% (前略
【介護や福祉の世界】 2012年05月09日 14:37:39
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事