バリアフリーでエロチックな映画

女性による副音声もネット上で見るAVと違っていい感じかも。

こうやって大々的にニュースになるのはちょっと照れるところもあるけど、興味があるのは興味があるものだしね。

いい試み。


障害者が映画館でエロチックな映画を楽しめる「エロバリ」誕生!その内容は?
8月9日17時18分配信

 女性による副音声と、日本語字幕を付けたバリアフリー仕様の映画を製作し、上映するプロジェクト「エロバリ」(エロティック・バリアフリー・ムービー)が誕生した。本プロジェクトは、障害のある人たちがエロチックな映画を映画館で楽しめ、体感出来る環境を作るというスローガンを掲げている。

 「エロバリ」を立ち上げたのは、バリアフリー映画に力を注ぐ映画製作・配給会社シグロ、レジェンド・ピクチャーズと、早くから車椅子用スペースやトイレ、エレベーター等のバリアフリー化を進めてきた映画館ポレポレ東中野。一般の観客と一緒に、障害のある人たちも映画館で楽しめるエロチック映画を製作し、体感できる環境を作り上げた。

 本プロジェクトの第1弾となる映画『ナース夏子の熱い夏』と『私の調教日記』は8月21日からの劇場公開が決定。『ナース夏子の熱い夏』は、第20回ピンク映画大賞・女優賞を受賞した薫桜子(現在は愛奏と改名)が主演のナース・夏子役を務め、入院してきた既婚サラリーマンとの禁断の関係を官能的に描く。『私の調教日記』は、AV女優としてキャリアをスタートさせた亜紗美が彼氏の性の調教に身を任せる銀杏役を熱演。どちらも、1980年代に映画『四季・奈津子』『ラブレター』などの映画で一世を風靡(ふうび)した、東ヨーイチ監督がメガホンを取る。

(後略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100809-00000019-flix-movi

にほんブログ村 介護ブログへ

関連記事
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業 2010/6/8 0:12  札幌市は9月、市本庁舎1階ロビーに、障害者が働く「元気カフェ」を開く。障害者...
【介護だの福祉だの】 2010年08月17日 10:56:11
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事