オーダーメイド車椅子を作ったり販売したり

画像:前方大車輪オーダーメイド車椅子 オーダーメイド車椅子の仕事ををやりはじめてはや1年以上すぎてしまった。今まで車椅子バスケや一緒に働いてた仲間の車椅子を数多く見ていたはずだけど、オーダーメイドで制作する、修理する、販売するということを仕事にしてみたら、まぁいろんな種類の車椅子があることあること。いかに単純にいかないことか。

 その人に合う様に必死に採寸して工場に制作してもらう。制作中も工場スタッフと細かいところを打ち合わせしながら進め、完成したらお客さんの元へ。座ってもらってOKが出るまではもうドキドキものであります。

 既製品車椅子にしても単純に販売しておしまい、なんてことはほぼ皆無、その人の使い方に合わせて必ず補強や追加パーツなどの改造があったし。既製品といえども車椅子の種類が多種多様。


 左右対称ではない車椅子、初めて目にした時はびっくりしました。でもよく考えてみたらあってあたり前だったんですね。

 誰しもがまっすぐすわっていられるわけでもないし、どうしてもどちらかに傾くという人もいるでしょう。

 誰しもが手で車輪をこぐわけでもなし、手が動かなかったら足で車輪を回す人もいるでしょう。

 理屈ではわかっていても改めていろんな車椅子の現物を目にすると、つくづく今までよく見てなかったんだなあということを実感。


 単純なことですが、人間というのは上も下もなく、みな違うんだなあ、と。

関連記事
コメント
わたしゃこの業界から足を洗うことになりましたが、北海道内で車椅子でお悩みの方は以下までご相談してみたらいいかと。1からオーダーメイドで車椅子を作る工場を持ってるので、細かい修理改造の相談にものってもらえると思いますよん。

http://www.cupid.or.jp/jigyoubu/fukusi_kiki/
gomez_the_cat URL 2006年03月18日 14:50:43 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事