スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

全方向に動くパーモビー

見た感じ車椅子というよりは4輪の乗り物という感じですが。

100kgくらいになると現状の電動車いすにだいぶ近くなるので実用化が見えますね。

共同開発してくれる企業が出てくれば比較的すぐにそこまでいく気がします。


方向転換 楽々“車いす”


 前後左右、斜め方向と自由自在に滑らかに動ける一人用の乗り物「Permoveh(パーモビー)」を、京都大の小森雅晴准教授が開発した。車いすに代わる移動手段として、5年以内の実用化を目指している。

 パーモビーは、円周上に32個のローラーを取り付けた車輪を4本装着している。右前と左後ろの車輪だけにモーターが付き、車輪は前後方向、ローラーは横方向にだけ回転する構造だ。

 前後に動く場合は車輪だけ、横へはローラーの回転で進む。最大の利点は、車輪とローラーの回転を組み合わせて生み出す、斜め方向のスムーズな走り。

 例えば、運転者が斜め45度の方向に操縦かんを傾けると、接地面の摩擦で車体が45度方向に進むよう、コンピューターが車輪とローラーの回転数を調整する。

 この動きの応用により、1点で車体を360度回転させることもできる。

 重さが200キロ・グラムもあるのが難点。小森准教授は「共同開発に参加する企業を探して小型軽量化をはかり、100万円程度で売れるよう開発を進める」と話している。

(2012年3月23日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120322-OYT8T01283.htm

関連記事
スポンサーサイト

陸上選手のセミヌードカレンダー

Facebookでこの写真を撮ったカメラマンの書き込みで知りました。

中西選手から「陸上アスリートとしてやっていくことに対して本気を見せたい。本気を見せるのに、着飾るものは何もいらない」と言われたそうで。


http://www.m-nakanishi.com/


シンプルできれいな写真だ。




義足ランナー・中西麻耶、セミヌードカレンダー発売 資金捻出のため
スポーツナビ 3月7日(水)16時3分配信


 今夏のロンドンパラリンピック出場を目指す、女子陸上短距離の中西麻耶(フリー)が活動資金を捻出するため、セミヌードカレンダーを発売した。

 中西は、ソフトテニス選手として活躍していた2006年に仕事中の事故で右足を切断。翌年から陸上を始めると、みるみる頭角を現し、08年北京パラリンピックでは100メートル6位、200メートル4位入賞を果たした。

 その後は走り幅跳びもはじめ、100メートル、200メートルに続いて日本記録をマーク。しかし、フリーで活動する中西は資金難に苦しみ、11年の世界選手権はあえなく出場を断念することに。そこで、自らの意思を伝え、資金を得るために今回のカレンダー作成を決意した。

(後略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120307-00000011-spnavi-spo


関連記事
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。