スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

バッテリー式パワーアシストスーツ

車椅子での生活から立つことも可能、ということになるとだいぶ世界が変わると思われ。

どんどん進歩していって欲しい。



Rehabilitation Hospital of the Pacific、車椅子利用者のための新技術で提携

HONOLULU, HI , Aug 30, 2011 - (JCN Newswire) - Rehabilitation Hospital of the Pacific (REHAB)は、Berkeley Bionicsで、車椅子利用者が立って歩けるようになるウェアラブルなバッテリー式パワーアシストスーツ、eLEGS Proの治験を実施する10か所の主要リハビリテーション病院のひとつに選ばれました。治験は先週から開始され、地元の方8人が参加しています。来年初めにREHABは、世界初のeLEGS Centerのひとつとなり、ハワイと環太平洋地域に脊髄損傷患者向けリハビリテーションプログラムを提供します。

「ハワイにこの画期的技術を導入することは、REHABが未来へのビジョンの実現を目指している証です。我々の使命は、身体的リハビリテーションのあり方を根本から変化させる新新技術など、最高水準の患者治療を提供することです。」と、REHAB取締役会長のJohn Komejiは述べました。eLEGS Programを市場に参入させるために、全国屈指のリハビリテーションセンターのひとつとなることを、光栄に感じています。」と彼は付け加えました。

CNNの「2010年イノベーショントップ10」や、タイム誌の「2010年ベストイノベーション50」に投票で選ばれたeLEGS Proは、利用者の服の上から着られるウェアラブルなバッテリー式パワーアシストスーツです。その目的は、デバイスのコンピュータと通信を行う患者の腕の動作センサと、スマートクラッチ(松葉杖)内のセンサが、トリガーとなって患者の歩行を可能にすることです。eLEGSの設計では、今までにはなかった膝の屈曲を可能にすることで、パワーアシストスーツではもっとも自然なヒトの歩行を実現しています。歩行速度は、それぞれの人の能力や、快適度に合わせて、簡単に調整できます。デバイスは、100キロ以下、157センチから188センチまでで、上体に最低限の力が残っている人であれば、ほとんどの方が簡単に調整することができます。

(後略)

http://www.asahi.com/business/pressrelease/JCN201108300003.html
関連記事
スポンサーサイト
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。