スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

車椅子のパーツは同じメーカーで統一しなきゃいけないってことでもなく

画像:オーダーメイド車椅子 どこにでもありそうなオーダーメイドの普通型車椅子ですが、やはり使う人の要望を取り入れていろんなところに工夫を入れてます。

 自宅での使用が主なのでより小回りしやすくするために車輪の位置が通常よりちょっと前になってます。そうなると後方転倒の可能性も出てくるので転倒防止バー取り付け。
 手で漕ぐわりには車輪が小さめですが、これはアームレストを跳ね上げてベッドへ移る時に少しでも邪魔にならないようにとのこと。手が届きにくくなるけど車輪位置が通常より前(身体に近づく)なので、この辺の漕ぎにくさは多少緩和かな。


画像:普通型オーダーメイド車椅子(足台スイングアウト) スイングアウト用、アームレスト跳ね上げ用ほか各種パーツはいくつかのメーカーのものが混在してます。通常は同一メーカーのパーツで統一するんですが、今回は使い慣れてるところはそのメーカーのパーツを使い、使いにくかったところは他のメーカーから良さそうなのものを探して取り付け。


 車椅子のパーツもメーカーごとに特色があるし、使いやすさもその人の身体条件によることがあります。いくつかのメーカーから使いやすそうなものを選ぶということもできればいいですね。


 こういうことができるのもオーダーメイド車椅子ならではってことでしょう。もちろん入手可能で、さらに取り付けが可能であれば、という条件がついちゃいますけど。
 また希望パーツの価格が通常より高かったり、取り付けの手間が増えると当然車椅子自体の値段が高くなるので、そこは要注意。


このオーダーメイド車椅子を作ったところについて↓
http://wbc.blog6.fc2.com/blog-entry-169.html/
関連記事
スポンサーサイト

子供用車椅子がほぼ完成かな

子供用車椅子 この記事の時は製作途中だったアームレスト横開きの車椅子ですが、つい先ごろ組みあがったようです。写真がいくつか送られてきました。シート無しの写真ですが、これにまたかわいいシートがとりつけられるんでしょうね。

 背のリクライニングと足台連動、日よけ等いろいろな機能がついてます。座シートの下のスペースは酸素ボンベや呼吸器等の搭載スペースかな。ということは搭載台もオーダーメイドになるんですね。

 よく見ると細かいところがかなり複雑だなぁ。たぶん基本アルミ製でしょうけど、強度が要求されるところには部分的にステンレス部品も使ってそうです(制作担当者の苦労が伺えます)。



子供用車椅子 なんといっても特徴は横に開くアームレストでしょうか。

 おむつ交換や移乗の時、リクライニングを倒すと足台も上がり、アームレストを開いてしまえば真横から手をいれられる、という感じかな。




作っているのはこちら→http://wbc.blog6.fc2.com/blog-entry-169.html
関連記事

車椅子のキャスター外出し

060318_1429~01.jpg 前の小さな車輪(キャスター)を通常よりちょっとだけ外側に取り付け。だいたい2~3cmぐらいでしょうか。

 床を足で蹴って移動する人だと、キャスターが足にぶつかる(特に曲がる時)なんてこともあるので。左右への安定感も多少増します。





改造したのはこちら→http://wbc.blog6.fc2.com/blog-entry-169.html
関連記事
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。