スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

オーダーメイド車椅子を作ったり販売したり

画像:前方大車輪オーダーメイド車椅子 オーダーメイド車椅子の仕事ををやりはじめてはや1年以上すぎてしまった。今まで車椅子バスケや一緒に働いてた仲間の車椅子を数多く見ていたはずだけど、オーダーメイドで制作する、修理する、販売するということを仕事にしてみたら、まぁいろんな種類の車椅子があることあること。いかに単純にいかないことか。

 その人に合う様に必死に採寸して工場に制作してもらう。制作中も工場スタッフと細かいところを打ち合わせしながら進め、完成したらお客さんの元へ。座ってもらってOKが出るまではもうドキドキものであります。

 既製品車椅子にしても単純に販売しておしまい、なんてことはほぼ皆無、その人の使い方に合わせて必ず補強や追加パーツなどの改造があったし。既製品といえども車椅子の種類が多種多様。


 左右対称ではない車椅子、初めて目にした時はびっくりしました。でもよく考えてみたらあってあたり前だったんですね。

 誰しもがまっすぐすわっていられるわけでもないし、どうしてもどちらかに傾くという人もいるでしょう。

 誰しもが手で車輪をこぐわけでもなし、手が動かなかったら足で車輪を回す人もいるでしょう。

 理屈ではわかっていても改めていろんな車椅子の現物を目にすると、つくづく今までよく見てなかったんだなあということを実感。


 単純なことですが、人間というのは上も下もなく、みな違うんだなあ、と。

関連記事
スポンサーサイト

油断すると意外に冷える車椅子バスケットボール 

今年2度目の練習試合。いつも使っているところとは違って暖かめの体育館。ちょっと動いただけで体も温まり、汗もぽたぽたではじめていい感じ。

だもんでひさびさに短パンとメッシュのシャツで練習試合をしてみた。1試合終わり10分ほどのインターバルのあともう一試合。このインターバルが悪かった。汗も冷たくなり、走り回っても下半身は塗れた体に風があたってるようなもので余計に冷えてくる。なかなか体が温まらない。

車椅子バスケットボールをやる時、特に冬場はそういうことにならないようにウインドブレーカ上下を着込んで練習してるんだけど、昨日はちょっと油断してしまいました。

下っ腹が冷えて下痢寸前、帰りの車の中でこらえるのが辛かった。
関連記事
2005年03月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | ◆スポーツ

Professor Tomoyasu Yasui aus Hokkaido, Japan

doll_tepper_tomoyasu_yasui_klein.jpg「Professor Gudrun Doll-Tepper und der Teilnehmer mit der längsten Anreise, Professor Tomoyasu Yasui aus Hokkaido, Japan」
http://www.fdst.de/aktuellesundpresse/wegezubewegungundsport

 われわれ車椅子バスケットボールチームがお世話になってる方がただいまドイツへ旅立っております。で、ご当地にてHPで取り上げられました。写真つきです。なにやら固まってるように見えます。別に入国時逮捕されたわけではありません。
 障害者スポーツ調査のために日本から来たなんたらかんたらという紹介らしいですが、なにせ私はハイネケンとかシャウエッセンとかポルシェぐらいしか知らないもので読めません。

 ずいぶん長い期間滞在することになりますが、あまり悪さをしないように(笑
 お土産は3点以上のセンターを一人ということでよろしく。
関連記事
2005年03月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | ◆スポーツ
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。