スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

東京パラリンピックを目指す車椅子ソフトボール

おお、行け行け。


高まる「車いすソフトボール」熱。2020年東京パラを目指して。
投稿日: 2015年07月15日 16時50分 JST 更新: 2015年07月15日 16時50分 JST



2020年を目指して
現在、車いすソフトボールは、日米を中心に、パラリンピック競技にすることを目指している。世界に普及・拡大させようと、昨年から全米選手権を「ワールドシリーズ」という名称に変更したこともそのひとつだ。さらに、プロから支援されていることも、動きを加速させている。米国では、メジャーリーグの傘下に入っている車いすソフトボールチームも多く、昨年にはミネソタ・ツインズが米ペプシコ社らとの共同出資で数億円をかけて車いすソフトボール専用スタジアムを建設した。一方、日本では、第1回大会から埼玉西武ライオンズが全日本選手権のスペシャルサポーターとなっており、昨年の第2回大会からは北海道日本ハムファイターズも加わっている。



http://www.huffingtonpost.jp/digital-board/wheelchair-softball_b_7784134.html




スポンサーサイト

日本車いすソフトボール協会

北海道で始めてたのは野球だと思ってたらソフトボールだったんだ。

日本車いすソフトボール協会のFacebookページもあり。

日本車いすソフトボール協会/Japan Wheelchair Softball Association | Facebook
https://www.facebook.com/WheelchairSoftballJapan



車椅子ソフト 普及図る 札幌で協会発足

■7月に江別で全日本選手権大会

 【武沢昌英】車椅子ソフトボールの普及を目指し、札幌市内で今春、「日本車椅子ソフトボール協会」が発足した。現在の加盟は道内と東京、九州の計3チームだけで、知名度もまだ低いが、7月には初の全日本選手権大会を江別市で開く。選手たちの目標はパラリンピックの正式採用だ。

 国内で車椅子ソフトが始まったのは約5年前。北海高野球部の元監督で、北翔大(江別市)野球部長の大西昌美准教授(56)が車いす生活の元高校球児らに呼びかけて始めた。

 米国では40年近い歴史があるが、日本での実績はない。大西准教授は昨夏、日本代表を率いて全米選手権に初参戦。車椅子ソフトがスポーツとしてほぼ確立している米国の実態なども視察した。これを踏まえて競技団体としての組織化を準備し、4月に一般社団法人として協会を立ち上げた。

(後略)

http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20130521010200001.html


メジャーのドラフト会議で指名された車椅子の大学生

もちろん本人に力があったからだろうけど、それにしても粋な計らい。

すごいな。


抱き続けた野球への情熱=車いすの大学生を指名―米大リーグ・Dバックス
時事通信2013年6月17日 16:55

 毎年スター選手が脚光を浴びる米大リーグのドラフト会議で、今年は心温まる出来事があった。ダイヤモンドバックスが、脊髄損傷で車いす生活を送る大学生を34巡目で指名した。アリゾナ州立大のコリー・ハーン外野手(21)。「この気持ちは言葉にできない。有望な選手がたくさんいるにもかかわらず指名してくれた。一生涯、感謝したい」と喜びを表した。
 高校時代から将来を嘱望された。全米代表にも選出され、現在ナショナルズで活躍するブライス・ハーパー外野手らとプレーした。卒業時にパドレスからドラフト26巡目で指名されたが大学に進学。しかし、入学直後に二盗を試みヘッドスライディングした際、野手とぶつかり首を骨折して下半身不随になった。大リーグでプレーする夢は突然、終わりを告げた。

(後略)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/mlb/headlines/article/20130617-00000077-jij

Tag: 野球 
2013年06月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | ◆スポーツ

電動車椅子サッカー第1回アジア太平洋オセアニア選手権

2013年01月27日
アジア・オセアニア大会で優勝! 映画制作も進行中!

1月27日、オーストラリア・シドニーのオリンピックパークで、電動車椅子サッカーの第1回アジア太平洋オセアニア選手権(APOカップ)の4日間の日程が終了した。
当初参加予定だった国が欠場し、日本対オーストラリアの2カ国から2チームずつ4チームでの総当たり戦となった。

選手を追って現地入りした映画監督・中村和彦氏は、日本選手団に帯同して試合に立ち会い、現地からの状況をブログで伝えている。

「日本からは、チーム・ジャパンとチーム・ニッポンが出場。チームジャパンは自力に勝る実質的な日本代表。チームニッポンは経験は少ないものの将来有望な選手たちを中心とした構成。どちらのチームも、日本を代表しオーストラリアに乗り込んできたという意味でまったく同等だ。」(中村監督のブログより)

(後略)

http://www.paraphoto.org/2006/?article_id=870


「4年後のリオで見てろよ、この野郎」(池崎大輔)

いいセリフだ。

リオに期待。


日本、悲願のメダルならずもリオへの課題が見えたロンドン=ウィルチェアーラグビー
(スポーツナビ ) 2012/9/10 17:09

■エースも控えもスタッフも一丸で戦ったロンドン

 ウィルチェアー(車いす)ラグビー日本代表のロンドンパラリンピックのテーマは“結”。チーム一丸となって、それぞれが自分の役割を全うして戦うことだった。

 今大会、唯一出場がなかった副キャプテンの三阪洋行(バークレイズ証券)は、選手目線でメンバーチェンジを行う役割を担い、ベンチワークに徹した。「1プレーヤーとして葛藤する部分はあったが、ここまで来たらチームのメダルという目標のために、自分ができることをやろうと思った」

 エースの池崎大輔(北海道ビッグディッパーズ)を休ませたい一心で「俺ががんばらなければいけない」と語っていたのは、アテネの8位、北京の7位と2回、惨敗した経験を知る島川慎一(バークレイズ証券)。

 一丸となったのは選手だけではない。ベンチのスタッフも、毎回、試合前の国歌斉唱で必ず肩を組み、気持ちをひとつにして試合に臨んだ。

(後略)

http://london.yahoo.co.jp/para/column/detail/201209100007-spnavi


パラリンピック・ロンドン2012

ロンドン2012パラリンピック競技大会 (第14回夏季大会)
2012年8月29日(水)~9月9日(日)







ロンドンパラリンピック Yahoo!スポーツ×スポーツナビ
http://london.yahoo.co.jp/para/


パラリンピック Special Site
http://www.jsad.or.jp/paralympic/

2012年08月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | ◆スポーツ

天皇陛下と車いすバスケット

おっと、天覧試合だったか。

ロンドンオリンピックメンバーも決まって北海道出身の京谷選手も選出。

メダルまで期待したいな。



両陛下、車いすバスケット観戦

 天皇、皇后両陛下は4日、東京都渋谷区の東京体育館で、第40回日本車いすバスケットボール選手権大会の決勝を観戦された。
 シュートが決まるたびに観覧席から拍手を送っていた両陛下は、試合後、両チームの選手やロンドンパラリンピックの日本代表候補選手らと懇談。優勝した東北ブロック代表の宮城MAXの選手に、「4連覇おめでとう」「ロンドン頑張ってください」などと声を掛けたり、東日本大震災当時の状況を尋ねて「大変でしたね」などと気遣ったりしていた。(2012/05/04-17:53)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201205/2012050400329


車いすバスケの京谷 パラリンピック4度目代表 室蘭出身(05/05 10:02)

車いすバスケットボールのパラリンピック代表に決まりガッツポーズする京谷和幸
 日本車椅子バスケットボール連盟は4日、ロンドンパラリンピックの男子代表12選手を発表し、道内関係では室蘭市出身の京谷和幸(40)=千葉県、室大谷高(現道大谷室蘭高)出=が選ばれた。2000年シドニーから4大会連続の選出。

 東京で開催された日本選手権で発表された。京谷は「年齢的に最後のパラリンピックと思う。全力を出し切り、チーム目標のベスト4を目指したい」と語った。代表は16回の選考合宿を経て選出された。

 元Jリーグ市原(現千葉)の京谷は1993年、リーグ発足から半年後に交通事故で脊髄を損傷し引退。車いすバスケットボールに転向し、シドニーは9位、アテネは8位、北京は7位。北京では日本選手団の主将を務めた。

 パラリンピックの出場選手は日本パラリンピック委員会が7月に正式決定する。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/370007.html

電動車椅子サッカーW杯日本5位

もうちょっといけそうな雰囲気も無きにしも非ず。

しかしSOCCERKINGに電動車椅子サッカーがとりあげられてるとは。

いいぞいいぞ。


第4回】電動車椅子サッカーW杯総括、日本は5位に終わる
投稿日時:2011年11月24日 17:45

 11月2日から6日までフランス・パリで開催された第2回FIPFAワールドカップは、アメリカの2大会連続優勝で大会の幕を閉じました。

 日本代表は、予選Aプールで強豪アメリカと対戦。今大会得点王に輝いたマイケル・アーチャー選手に翻弄され2対0で初戦を落としました。続くイングランド戦は、北沢選手のゴールで先制するも後半に追いつかれ1対1の引き分けに。その結果、日本代表は予選Aグループで3位となり、セミファイナルへ進出することはできませんでした。

 また、今大会初めて実施されたクラス分けでは、日本代表のストライカー城下歩選手が「不適格」との判定を受け試合に出場することが出来なくなるなど、アウェイで試合をすることの難しさを体感する大会となってしまいました。

 しかし、日本代表はその後快勝を続け、順位決定戦ではカナダを5対0で下し、5位で大会を終えました。また、本大会ではアメリカのマイケル・アーチャー選手と並んで9得点を上げた日本の有田正行選手が得点王に輝きました。

(後略)

http://www.soccer-king.jp/column_item/id=3093

 | HOME |  NEXT »»

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。