スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「4年後のリオで見てろよ、この野郎」(池崎大輔)

いいセリフだ。

リオに期待。


日本、悲願のメダルならずもリオへの課題が見えたロンドン=ウィルチェアーラグビー
(スポーツナビ ) 2012/9/10 17:09

■エースも控えもスタッフも一丸で戦ったロンドン

 ウィルチェアー(車いす)ラグビー日本代表のロンドンパラリンピックのテーマは“結”。チーム一丸となって、それぞれが自分の役割を全うして戦うことだった。

 今大会、唯一出場がなかった副キャプテンの三阪洋行(バークレイズ証券)は、選手目線でメンバーチェンジを行う役割を担い、ベンチワークに徹した。「1プレーヤーとして葛藤する部分はあったが、ここまで来たらチームのメダルという目標のために、自分ができることをやろうと思った」

 エースの池崎大輔(北海道ビッグディッパーズ)を休ませたい一心で「俺ががんばらなければいけない」と語っていたのは、アテネの8位、北京の7位と2回、惨敗した経験を知る島川慎一(バークレイズ証券)。

 一丸となったのは選手だけではない。ベンチのスタッフも、毎回、試合前の国歌斉唱で必ず肩を組み、気持ちをひとつにして試合に臨んだ。

(後略)

http://london.yahoo.co.jp/para/column/detail/201209100007-spnavi


スポンサーサイト

2010ウィルチェアラグビー世界選手権

北海道から代表選手がいたとは。


2010ウィルチェアラグビー世界選手権
2010年9月17日(金)~26日(日)

詳しくは→http://www17.ocn.ne.jp/~jwrugby/



石狩の池崎さん 筋肉の病乗り越え 車いすラグビー日本代表に
(09/17 15:12)

 【石狩】市内に住む団体臨時職員池崎大輔さん(32)が、17日からカナダで始まる車いすラグビーの世界選手権に、日本代表で初出場する。幼稚園のころに手足の筋力が次第に衰える「シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)」を発症しながら、得点の要となるポジションで活躍する。池崎さんは「瞬発力を生かしたプレーを見せたい」と闘志を燃やす。

 車いすラグビーは4人制で、バレーボール用を改良したボールを使う。試合は屋内のバスケットボールコートで、ボールを持った選手がゴールラインを通過すると得点となる。

 池崎さんが本格的に運動を始めたのは、岩見沢高等養護学校2年のころだった。

 同校OBの車いすバスケットチームに入り、競技にのめり込んだ。卒業後も札幌の社会人チームで活躍し、「体を鍛えれば筋力も維持できる」とトレーニングに励んだ。

 しかし、ひじから先の筋力が弱まり、重いボールを扱うことがつらくなった。CMTは国が指定する難病にはなっていないが、難病医学研究財団(東京)は、国内の患者は2千人ほどで難病と同じレベルの病気だと説明する。

 転機が訪れたのは2年前。道内各地の選手でつくる車いすラグビーチーム「北海道ビッグディッパーズ」のメンバーに誘われ、ラグビーに転向した。

 車いすの操作技術が高く、相手とぶつかり合ってボールを奪う激しいプレーができる池崎さんの活躍で、敗退続きだったチームは躍進し、昨年は日本選手権で3位に。池崎さんは、世界選手権に向けた国内強化選手に選ばれた。

 その後は、札幌市青少年女性活動協会で働く傍ら、毎月本州の合宿に参加。旅費は自腹で「知人からの借金がかさむ」(池崎さん)。そんな状態に悩むこともあるが、妻の真喜子さん(36)や娘の莉乃愛(りのあ)ちゃん(5)は「とことんやって」と背中を押してくれた。

 世界選手権はカナダや米国、アルゼンチンなど12カ国が出場する。池崎さんは「絶対に結果を出したい。支援してくれた人たちのためにも」と意気込む。初戦は21日でオーストラリアが相手だ。(上田貴子)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/251574.html

車椅子ラグビーの映画『マーダーボール』

車椅子ラグビー(10/6読売新聞夕刊より)

 うわぁ、これは見たい。

 シドニーのパラリンピックのTV放映で車椅子ラグビーを見たけど、TVでも迫力は伝わってきました。もうボールを持ってる奴をつぶせって感じ。

 公式サイトで予告を見てもかっこいいしね。

 これは見に行くべし。



Tag: ラグビー  動画 

がっつんがっつん車椅子ラグビー/北海道ビッグディッパーズ

200508281242012 ピパオイカップで行われたエキシビジョン、車椅子ラグビー。




20050828124201 はじめて生で見たけどゴッツイ車椅子でがっつんがっつんぶつかりあってるなあ。ラグビーだから当たり前なのか。でも短気者同士ならケンカになりそうであります。

 スペースを見つけて走りこむ、DFはぶつかってそれを阻止。ゴールライン際の攻防ははらはら、手に力が入る。これはおもしろい。血が騒ぎます。


どれだけラグビー車がごついかというと・・・・


*北海道ビッグディッパーズ
http://www16.plala.or.jp/big_dippers/

日本ウィルチェアラグビー連盟
http://www17.ocn.ne.jp/%7Ejwrugby/
・・・・正式名称は「車椅子ラグビー」じゃなくて「ウィルチェアラグビー」ってことか。
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。