スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

札幌の福祉問題(高等養護学校について) #札幌

関連記事
スポンサーサイト

寛仁さま逝去の号外を見てびっくり

あれからからもう10年たつんだ。

当時クピド・フェアで働いてましたが、にこにこと、そしてエネルギッシュに仲間たちの仕事を見てまわってたお姿が今も記憶にあります。

直接会話はできなかったけど、人柄は伝わってきました。


66歳ってまだまだ若いのに・・・・・・


寛仁さま逝去:気さくな人柄、愛され 毎年のように来道 /北海道
毎日新聞 6月7日(木)11時50分配信

 6日に亡くなられた寛仁(ともひと)親王殿下(66)は、スポーツ大会臨席や障害者福祉施設の視察などで毎年のように来道し、多くの道民とふれあった。気さくな人柄が愛され、各界から哀惜の言葉が相次いだ。【山下智恵、大場あい、鈴木勝一、高山純二】

 寛仁さまは70~72年、札幌冬季五輪組織委員会事務局に勤務して以来、各種スポーツ大会の出席などで何度も来道。特にスキーの普及に熱心に取り組み、昨年3月、宮様スキー大会国際競技会閉会式で、札幌市を訪れたのが最後になった。

 寛仁さまが名誉評議員を務めていた北海道青少年科学文化財団の井口光雄副理事長(77)は、歩くスキーの普及に協力してもらったことを振り返り、「我々のボロ車に一緒に乗って活動に参加してくれた」と人柄をしのんだ。財団の行事「サッポロ・インターナショナル・ナイト」に触れ、「開催34回のうち半分はご臨席いただいた。運営についてズバズバとご意見をいただいた」と残念がった。

 寛仁さまは自らを「福祉の現場監督」と呼ぶほど障害者福祉に関心を寄せた。重度身体障害者福祉施設などを運営する「クピド・フェア」(岩見沢市)の吉田英次理事長は、92年6月の訪問について「入所者や職員に熱心に質問されていた。一緒に大笑いする姿が印象に残っている。優しさと厳しさが大事だと教えていただいた」と話した。名寄市の医師、吉田肇さん(67)は「私の母と全国を回り、北海道ハンディキャップスキー協会の設立に尽力された」と逝去を悼んだ。

 高橋はるみ知事は「スポーツ振興や障害者福祉にお力添えをいただいた。再び元気なお姿に接することを願っていただけに、哀惜に堪えません」、上田文雄札幌市長は「福祉や国際親善などの社会貢献に敬意を表し、ごめい福をお祈り申し上げます」との談話を発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120607-00000064-mailo-hok

関連記事

介護タクシー札幌共同配車センター / 社会福祉法人HOP (北海道札幌市)

以下北海道新聞より。

福祉車両探す苦労解消 北区に共同配車センター 介護タクシーなど15社登録
(12/04 10:00)

 車いす利用者らが介護タクシーなどを使いやすいように、札幌市西区の社会福祉法人HOPが、介護タクシー事業者やNPOなどによる移送サービス事業者など15社を束ねた「札幌共同配車センター」を1日に開設、受け付けを始めた。

 車いす利用者や、寝たままで移動を希望する人は通常、介護タクシー事業者などに連絡し、空車がない場合は別の業者を自分で探し出す必要がある。こうした手間の解消が同センターの狙いだ。北海道運輸局によると、介護タクシーなど福祉車両に特化した配車センターは道内では珍しいという。

 サービス利用者がセンターに連絡すると、センターは配車希望日時や目的地、利用者の名前や住所、身体の状況などを聞きとる。その上で介護タクシー事業者など登録された15社に電子メールで顧客情報を配信する。

 配信を受けた各社は空車状況などから配車可能かどうかをセンターに返信。センターが配車業者を決めて、利用希望者に連絡する。申し込みは配車希望日の前日まで。受け付けは、平日のみで午前9時~午後5時。

 利用者が支払う料金は車両貸し切りのみで、介護タクシー事業者で30分2600円、移送サービス事業者ならば同千円

 センターは、HOPが北区で運営する障害福祉サービス事業所のある建物の一部に置かれ、車いす利用者ら10人が受け付け、配車作業を担う。登録業者から配車ごとに徴収する手数料収入が、10人に配分される仕組みだ。

 HOPは市内に介護タクシー事業者などが100社以上あると見ており、「今後さらに多くの事業者に登録していただき、利便性向上を図っていきたい」と話している。同センターの連絡先は(電)011・763・7700か、メールアドレスpts@hop.or.jpへ。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/335755.html

関連記事

オリジナル車椅子の製作・改造・修理/社会福祉法人クピド・フェア(KP96栗沢工場)

社会福祉法人クピド・フェア(KP96栗沢工場)

■福祉機器の改造・修理・販売
身体障害者・高齢者の方々むけ施設運営の経験を活かしオーダーメイド車椅子の製造をはじめ、身体状況や生活環境に合わせた福祉機器の改造・修理・販売を行っています。

■福祉機器のレンタル事業と住宅改修事業
各種福祉機器のレンタル事業、バリアフリーに基づく住宅改修事業も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://www.cupid.or.jp/work/workshop/fukusikiki/より

クピド・フェアは、北海道初の車椅子製造メーカーとして、オーダーメイド車椅子の製造販売を行っています。

その豊富なノウハウを活かして車椅子を使う方、一人ひとりの身体状況や生活環境などニーズに合わせたオリジナル車椅子の製作・改造・修理をご提供いたします。

http://www.cupid.or.jp/work/original/wheelchair/より

関連記事

高齢者・障碍者が車いすからベッドへ移乗・移動する動作の支援機器

東京大学、北海道立総合研究機構(旧北海道立工業試験場)、プラウシップの共同開発。


そういえばいつのまに北海道立工業試験場は名前変わってたんだね。



東大、高齢者・障碍者が車いすからベッドへ移乗・移動する動作の支援機器を共同開発

「高齢者、障碍者の移乗・移動動作支援機器の開発」


1.発表者:
 田中敏明(東京大学先端科学技術研究センター 人間情報工学分野 特任教授)


2.発表概要:
 在宅、施設等で車いすからベッドへの移動時の患者・障碍者の移動能力維持向上と介護負担軽減のための機器を企業との共同研究で試作開発した。

(中略)

<研究開発の目的と成果>
 本開発では、標準型車いすでの座位移乗を簡易に実現するため、小型スツールとトランスファボードを組み合わせた「トランスファ・スツール」を試作開発した。本機器は、介護現場の負担軽減を図り、使いやすさや可搬性を優先した、要介護者にとっても安心感のある座位移乗の実現を目指すものである。つまり、車いす使用者が自らの残存能力を活用し、かつ、介助・介護者の負担を軽減することを目指した機器開発研究である。

 本スツールは、イス型フレームの上部にトランスファボードを結合した構造を有する。従来のトランスファボードを標準型車いすで適用すると板が大きくたわみ傾き、安全な移乗は非常に困難であったが、本スツールでは下部フレームによりボードを支持し、標準型車いす利用者でも安定した座位移乗が可能となる。また、シンプルな構造で小型軽量とすることで可搬性を高め、施設同フロアのステーションや近くの居室からの頻繁な運搬にも対応できる(図参照)。

(後略)

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=294561&lindID=4

関連記事

筋力補助装置

これは使いどころがたくさんありそう。



北大発ベンチャ企業、被災地に筋力補助装置を提供

ボランティアに筋力補助装置を提供
北海道大学発のベンチャー企業であるスマートサポートは、東日本大震災による大津波で被災した宮城県石巻市大街道地区で生活復旧支援にあたるボランティアに試作開発中の筋力補助装置「スマートスーツ・ライト」を提供した。

スマートスーツ・ライトは、長時間の中腰姿勢での作業や繰り返し行われる腰の屈伸、重量物の持ち上げなどによって、後背部にかかる負担を軽減するよう設計された装着型の筋力補助装置である。主に、介護動作補助や工場内作業補助などを目的に設計された。

(後略)

http://www.san-gaku-renkei.com/news_xBuQc5Tc4.html?right

関連記事

被災地へ車いすを

絶対不足していそうだもんね。


車いす支援へ大車輪の整備

 被災地に車いすを送ろうと、札幌市のNPO法人「飛んでけ!車いす」の会(柳生一自(かずより)代表)が、中古の車いすの整備を進めている。

 同会は中古の車いすを発展途上国へ贈る活動を行っている。今回の震災では、病院や老人ホームなどの施設が津波の被害を受けたり、着のみ着のまま避難したりする人も多かったことから、「車いすがなくて困っている人がいるのでは」と準備を始めた。

 札幌市中央区にある整備工場には、同NPOが各地から引き取った中古の車いす約100台がある。被災地から要望があれば、使う人の身長などに合った車いすを選び、修理して送る予定だという。英国人の夫を持つクイン明美・同会事務局長(62)は「被災地がもう少し落ち着いてから、現地のNPOや自治体に打診したい」と話している。

(2011年4月20日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20110419-OYT8T01271.htm

関連記事

川下公園リラックスプラザのプールと浴場はあと1年は利用可?

札幌市の事業仕分けで廃止を含めた見直しとなっていた川下公園リラックスプラザのプールと浴場ですが、こちらのブログを見るとは来年度はなんとか利用はできるみたい。

川下公園リラックスプラザのプールと浴場存続の請願は継続審議に


ただその間利用実態を調査した上で判断するようなのでまだ安心できず。

継続にむけての署名は引き続き行われるので見かけたら是非ご協力していただければ幸い。


しかし事業仕分けで何を根拠に話してたんだって感じですが。




関連記事

札幌川下公園リラックスプラザのプールと浴場の廃止?

赤字というのはわかる。

当初の目的とは変わってきたのもわかる。

でも車椅子の人たちが利用するという存在意義は認めて欲しいな。


いい方向で検討して欲しいですね。

存続にむけて署名運動も開始するみたいです。

詳しくはこちら→障がい者が利用しやすい札幌唯一のプール廃止しないで

関連記事

車いす野球って

かなり前にアメリカで車椅子で野球をしてるのをテレビで見た事がある。

たしか舗装された駐車場でやってたけど、あれはハード、パワーと瞬発力勝負だね。

写真を見る限り日本だと体育館なのかな。



熱闘! 車いす野球 北翔大・大西監督普及へ全力投球

(12/05 14:55)

 【江別】車いす野球を普及させようという試みが、江別市の北翔大学で続いている。高校野球名門校の元監督が中心となってルール作りから始め「遊びではない、本気で真剣な野球」を目指す。

 競技を考案したのは、北翔大生涯スポーツ学部准教授の大西昌美さん(53)。札幌市の北海高野球部監督として甲子園に6回出場し、2002年から北翔大硬式野球部で指揮を執る。

 きっかけは、教え子が出場した車いすバスケットボールの試合。接触プレーの激しさに驚いた数日後、車いすテニスをテレビで偶然目にし「ラケットをグラブやバットに持ち替えれば、野球もできる」とひらめいた。

 08年にゼミの研究テーマに掲げ試行錯誤を重ねた。《1》軟式野球の道具を使う《2》1チーム13人《3》バント、盗塁は禁止-などルールを決めたが「競技性を高めるため研究の余地がある」と大西さん。

 屋外での試合が理想だが、現在は車いす利用者5、6人とゼミ生ら計約20人が体育館でプレーしている。きっかけを与えた車いすバスケ選手の会社員飛島大輔さん(30)もプレーヤーの一人。「ずっと野球がしたかった。バットで“球の芯を食った”感触は、足が不自由でも同じ」と声を弾ませる。

 課題は認知度アップ。「競技人口を増やすため、少しずつでも前に進む」。そう語る大西さんの目の前で、選手はダブルプレーを鮮やかに決めて見せた。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/263256.html

関連記事
2010年12月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | ◆スポーツ
 | HOME |  NEXT »»

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。