おおおお?パワードズボン?

これは早く実用化されて欲しい。


人工筋肉を備えた「スマート衣類」が、車椅子の代わりになる
人工筋肉を備えた「スマート・ズボン」の開発が英国で進んでいる。階段昇降機や車椅子と違って、体の筋肉と連携して移動を助け、患者の回復に合わせて介助レヴェルを調整できるという。

英国のロボット研究者チームが、高齢者や障害者の移動を助ける人工筋肉付きの「スマート・ズボン」を開発している。
この研究は、英国工学・物理科学研究会議(Engineering and Physical Sciences Research Council:EPSRC)から200万ポンド(3,7億円)の資金を得た広範なプロジェクト「自立生活のためのウェアラブル・ソフトロボット工学(Wearable Soft Robotics for Independent Living)」の一環として進められている。

(後略)

http://wired.jp/2015/02/26/smart-trousers/
関連記事
スポンサーサイト



お手軽なパワードスーツ

いいなあ、こういうコンセプト>『お年寄りや負傷した人の生活を助けることも視野に入れて設計』

リハビリや車椅子を操作する手助けになりそう。



広島大学が生活にフィットしたパワードスーツを開発
2015.02.26 17:00

着るだけでお手軽にマッチョマン?

最近何かと話題のパワードスーツ、またの名をパワード・エクソスケルトン(強化外骨格)。これが実用化されれば、どんな重労働も簡単に、そして安全にこなせるようになるでしょう。でも、アイアンマンばりのパワードスーツが必要なくらい過酷な作業ってそんな頻繁にあります? ないですよね。じゃあ、ちょっとだけお手軽なこいつはいかがでしょう。

これはまだ試作品の段階ですが、開発したのは広島大学の研究者たち。Sensorimotor Enhancing Suit(SEnS)と呼ばれるこのスーツ、人間の上半身の筋肉や神経系の複雑な研究成果を元に創り上げた高度な階層構造が生地の中に埋め込まれており、装着すれば着用者の感覚と運動機能を向上させることができるのだとか。

研究チームは荷物を運ぶ時の知覚を研究することで、物を運ぶ力に人間の身体がどう反応し、動きのどの時点でほんのちょっと負荷を和らげてやれば荷重が最大化できるのかを解明することに成功。随意筋(自意識下で動かすことのできる筋肉)が機能する量を減らすことで、重さの知覚が高まり、結果としてもっと重さを加えていいタイミングと加え方を知ることができたと研究班は言っています。

(後略)

http://www.gizmodo.jp/2015/02/post_16609.html
関連記事

バッテリー式パワーアシストスーツ

車椅子での生活から立つことも可能、ということになるとだいぶ世界が変わると思われ。

どんどん進歩していって欲しい。



Rehabilitation Hospital of the Pacific、車椅子利用者のための新技術で提携

HONOLULU, HI , Aug 30, 2011 - (JCN Newswire) - Rehabilitation Hospital of the Pacific (REHAB)は、Berkeley Bionicsで、車椅子利用者が立って歩けるようになるウェアラブルなバッテリー式パワーアシストスーツ、eLEGS Proの治験を実施する10か所の主要リハビリテーション病院のひとつに選ばれました。治験は先週から開始され、地元の方8人が参加しています。来年初めにREHABは、世界初のeLEGS Centerのひとつとなり、ハワイと環太平洋地域に脊髄損傷患者向けリハビリテーションプログラムを提供します。

「ハワイにこの画期的技術を導入することは、REHABが未来へのビジョンの実現を目指している証です。我々の使命は、身体的リハビリテーションのあり方を根本から変化させる新新技術など、最高水準の患者治療を提供することです。」と、REHAB取締役会長のJohn Komejiは述べました。eLEGS Programを市場に参入させるために、全国屈指のリハビリテーションセンターのひとつとなることを、光栄に感じています。」と彼は付け加えました。

CNNの「2010年イノベーショントップ10」や、タイム誌の「2010年ベストイノベーション50」に投票で選ばれたeLEGS Proは、利用者の服の上から着られるウェアラブルなバッテリー式パワーアシストスーツです。その目的は、デバイスのコンピュータと通信を行う患者の腕の動作センサと、スマートクラッチ(松葉杖)内のセンサが、トリガーとなって患者の歩行を可能にすることです。eLEGSの設計では、今までにはなかった膝の屈曲を可能にすることで、パワーアシストスーツではもっとも自然なヒトの歩行を実現しています。歩行速度は、それぞれの人の能力や、快適度に合わせて、簡単に調整できます。デバイスは、100キロ以下、157センチから188センチまでで、上体に最低限の力が残っている人であれば、ほとんどの方が簡単に調整することができます。

(後略)

http://www.asahi.com/business/pressrelease/JCN201108300003.html
関連記事
 | HOME | 

暴れる車椅子-Navi

表示記事のタグ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

カテゴリー

検索フォーム

関連商品

最新記事

【車いすって】について

【車いすって】全記事